植田真梨恵

福岡県、久留米市出身。 中学卒業を期に、「歌を歌いたい」と、故郷福岡から単身大阪へ。自らの音楽をジャンルで縛りたくないという思いから、15歳で作詞作曲を始め、16歳の春、力強いハイトーンボイスと怖いもの知らずのライブパフォーマンスがレコード会社スタッフの目にとまり、本格的な音楽制作活動に入る。以降、17歳で1st Mini AL『退屈なコッペリア』、18歳で2nd Mini AL『U.M.E.』…(続く

プロフィール詳細を見る